PAGE TOP

実施事業

  • 薬物乱用防止パトロール事業(栃木県委託)
  • 薬物再乱用防止教育事業(栃木県委託)
  • 自立準備ホーム(保険観察所委託)
  • 薬物依存再発予防プログラム(保護観察所)
  • 薬物依存離脱指導(黒羽刑務所 喜連川社会復帰促進センター
  • 薬物乱用防止講演事業
  • アディクションカウンセラー養成事業

組織概要

名称 特定非営利活動法人 栃木DARC(ダルク)
設立年月日 2008年6月4日
連絡先 栃木県宇都宮市下栗町 2292-7
TEL 028-666-8536
FAX 028-666-8537
E-mail nesm@t-darc.com
相談受付:月~金曜の午前9:00~午後6:00
目的 薬物依存症者とその家族に対して、薬物依存症からの、地域に根ざした回復支援事業を行うと共に、地域の人々に対し、薬物依存症に関する普及啓発事業を行い、県内及びすべての人々が健やかに暮らせる地域づくりに寄与することを目的とする。
事業内容

①薬物依存症者とその家族への回復支援事業

<h5>1.薬物依存回復プログラムの実施</h5>

宇都宮OP(アウトペインシェント)、那須TC(トリートメントセンター)、那珂川CF(コミュニティファーム)、ピースフルプレイスにおいて、様々な回復プログラムを提供しています。

<h5>2.薬物依存離脱指導の講義</h5>

喜連川社会復帰促進センター、黒羽刑務所においてCon-gameという再発予防プログラムを提供しています。

<h5>3.個別相談・家族個別相談</h5>

家族と本人、または依存者の周囲にいる人たちに具体的なアドバイスをし、那須TC、宇都宮OPなどの施設への入所も含めた相談を受けています。

<h5>4.家族教室の実施</h5>

毎月第2土曜日に宇都宮OPにて家族(ビギナー中心)向けのプログラムを提供しています。

<h5>5.薬物再乱用防止教育事業薬物依存症回復プログラムの実施</h5>

栃木県内で薬物使用により逮捕された初犯者に対して、薬物依存症回復プログラムを1クール全10回で提供しています。

②薬物依存症に関する一般に向けた啓発事業

1.薬物依存症に関する一般から専門家向けに、薬物依存症の正しい理解を促すためのセミナーを開催しています。(日時等はニュースレター、HPに掲載します。)

2.ニュースレターの作成
毎月、薬物依存症に関することやスケジュール、依存症者本人の体験談なそを記載したニュースレターを発行しています。(無料、発送依頼はご連絡ください。)

3.薬物乱用防止巡回パトロール事業
街頭または大型店舗周辺において啓発用資材、リーフレットの配布、及び県内の繁華街等において薬物乱用防止巡回パトロールを行っています。

4.アディクションカウンセラー養成事業
物依存症に関わる援助者に向けた専門家育成のための講座の開催。医学、法律、福祉、心理など薬物依存に特化した知識を学ぶ事により、出来るだけ正確な知識を身につけ、本人や家族の相談に応えられるようにしています。特にリカバードのスタッフの養成に重点を置き、単に回復したというだけではなく、必要な知識やカウンセリングの技法を身につけることを目的としています。

5.講演事業
薬物乱用防止教室の一環として、依頼のあった学校や団体に向け、薬物依存についてのその時点での出来るだけ正確な情報として、乱用から依存に至る過程、依存症とはどんな病気か、何を失うのか、周囲の反応や、どのような予防策が効果的かなど実際の経験談と、施設メンバーのデータを交え伝えています。現場の声を聞く機会の少ない学生たちは興味深げに聞いています。また、一般に向けた講演では初めて聞く内容も多く感歎の声も多いです。講演を聞いた事により興味を持ち調査を始める学生なども少なくないです。